水. 11月 20th, 2019

元・体脂肪率1桁のダイエットブログ-デブった.com

ほぼ食事制限なしで運動だけで痩せるダイエット

ダイエットのイライラの原因や解消法を知る-低血糖にも注意

ダイエットにはイライラもつきものです。イライラは身体的症状にも現れます。ダイエットのイライラの全身的な症状としては手足の震え、 湿疹、アレルギー反応、 不規則に汗をかく(時に冷や汗も)、 心労やふらつき、慢性的な疲労困憊や思考力の減少、動悸、目がかすむことや筋肉痛などが挙げられます。

ダイエットのイライラの原因の一つは低血糖

イライラの原因の一つは低血糖だと思います。一般的には体全体の血糖の20~30%程度が脳で費やされると言われています、その中で目立つのは、ダイエットをリピートているうちに、膵臓が疲労困憊してインスリンを上手にコントロールできなくなる可能性が指摘されています。飴に含まれる糖質は吸収が早いので、血糖値が上がりやすいと考えていいですが、のろのろ舐めれば幾分かはましだと思います。このようにできるだけ血糖値が上がらないようにするのもダイエットのイライラを減らす一つの方法となります。

ビタミンCとカルシウムはイライラ解消におすすめ

ダイエット中のイライラのもととそのひとつの解消法はビタミンCやカルシウムを施主すること尾です。はストレスを緩和するのにも役立つ、決定的な栄養素であるビタミンCを使って上手にダイエットを進めましょう。抗ストレスホルモンの分泌するタイミングで、ビタミンやカルシウムがあるとホルモンや自律神経のの操作やイライラを管制する神経が働きやすくなると思われます。

ダイエットのイライラ解消には睡眠も重要

その作用は睡眠にもおよび、睡眠不足になると、食欲を抑制するホルモンのレプチンが分泌されにくくなる代わりに、食欲を増進させるとされているホルモンであるグレリンが多く分泌されるとされています。思い出せば、私も年の暮の忘年会やお正月のにぎやかな集合などでついつい御馳走を食べ過ぎてしまい、太ってしまうことがありました。その原因は、夜更かしだったかもしれません。だからと言って食べないとイライラしてしまいます。

正月太り解消に見るイライラ対策の重要性

それ(正月太り)を取り戻すために正月明けには以前のペースを取りもどすために苦労したりしますよね?それとあわせて、ダイエットを耐えぬくときの高ストレスを考えると、ダイエットのイライラと食欲の関係は無視できません。そして1日30品目が目標という固定検年も邪魔してお味噌汁の具を過剰にしてしまったりするのです。日ごとの食事では体にいいとされる項目数をとったりしますし、発酵食品などで体の中身を気遣っているんですが、どうも食べ過ぎてしまいます。

この原因を私はダイエットのイライラだと考えています。ダイエットのイライラこそが第一に取り組むべき問題なのです。