月. 8月 19th, 2019

元・体脂肪率1桁のダイエットブログ-デブった.com

ほぼ食事制限なしで運動だけで痩せるダイエット

ダイエットの低糖質デザート・おやつで余分な脂肪がつくのを防ぐ

/

(ブドウ糖)はすい臓から分泌されるインスリンで分解されます。しかし、毛統治を上げやすく脂肪がお腹に溜まりやすいという欠点もあります。ブドウ糖は脂肪とは思わないかもしれませんが、余分に撮りすぎた糖分は脂肪となって蓄積されます。

一方で低糖質なデザートやおやつは満腹感を得やすいなどメリットもあります。脂肪が体内に貯蔵される仕組みを理解してなるべく太らないようなおやつ(デザート)の取り方すればいいわけです。低糖質を理解していれば低糖質なと書いてないけど実は低糖質なおやつやデザートについてもわかるようになります。ドカ食いや暴飲暴食をしてしまい、ダイエットが失敗することもよくありましたが、低糖質、低脂質のデザートもメーカーから発売されるようになり、多少ドカ食いしても太らないで済むようになったと思います。

低糖質な(糖質カットされた)市販品は種類も少なく、なかなか選びにくいですが赤ちゃんのおやつとしてもおすすめできるので子持ち主婦のダイエットにもいいでしょう。代謝されなかった余分なは、本来ならインスリンの力を拝借して代謝された後にしきれなかったものです。筋トレ男子や女子の皆さんにもおすすめできるのはやはり低糖質なおやつやデザートでしょう。スーパーでも小麦粉の取り合わせが全体の少ない割合になっているものが、ここ数年のブームです。そのおかげでさまざまな種類の豆腐系のおやつも出てきています。例えばシフォンケーキが豆腐で作れるなんて驚嘆ですが、低カロリーなケーキとして有名になってきましたね。

カロリー糖質や脂質をいっぱい含むものが高くなる傾向にありますが、ダイエットを考慮された低糖質、低脂質なおやつは食物繊維がふんだんになため、糖質を吸収しづらくなっています。このことは難消化性に関する説明(準備中)をお読みください。ダイエットに力強い、低糖質なおやつを味方にして、ダイエットのリバウンドを防ぎましょう。

脂肪は燃焼すると水と二酸化炭素になります。食べ過ぎると代謝しきれず、食物から摂取した糖分は糖(ブドウ糖)に解剖されるわけですが、その糖が最終的には脂肪になってしまうのです。デザート(おやつ)はちょうど糖質や脂質をたいてい含める代表的な食べ物ですからダイエットには体的なわけです。ダイエットの力強いフレンドとなってシフォンケーキ独特の触感はそのままでローカロリー低カロリーでダイエッターにもポピュラリティーのあるサラダチキンですが、食べ過ぎると太ります。しかし糖質もそう含まないので食べ過ぎる心配もなさそうですね。甘いものでなくても良い方はサラダチキンがいいででしょう。

でもおやつとかデザートだと「甘い」と「低糖質な」ってわりと重要ですよね、そのため、ダイエット何はさておき食べ過ぎてもOKなデザート(おやつ)がとても重要なのです。昔はこういったダイエット用のおかしも高いわりにお味はイマイチ…のものが大部分だったそうです。しかしあまり我慢をし過ぎ去るとストレスが溜まって危険です。ストレスによる過食はエネルギーとしても使い切れなくなり、脂肪として蓄えてしまいます。なのでなるべくストレスを減らして効果を出しましょう。

リバウンドするハメになったりすることは皆経験があると思いますが、反動のドカ食いがカロリーを押し上げているので、我慢しすぎにも注意が必要です。友人談ですが最近の低糖質ダイエット用のおやつはクォリティーもコスパも上がり、コンビニやスーパーで買って一袋全部食べてもなんと糖質5.4gしかないものもあるそうです。ダイエット用のおやつやデザートをちゃんと選べば「ちょっとつまみ食べ」もそんなに悪いことじゃない。美しいボディメイキングに大切なタンパク質も摂取できるんです。体脂肪として蓄積されてしまう過度の糖質の摂取を防げば実は簡単ににダイエットの成功は叶えられるんです。